愛知県名古屋市千種区/公立

名古屋市立菊里高等学校 口コミ

偏差値:56~69
口コミ:5.005.00 1件

口コミ

口コミ総合: 5.005.00 1件
1件 (1~1件)
アイコン
55
  • 卒業生
  • 20代後半
  • 女性

文武両道

  • 先生5
  • 校則2
  • 部活動4
  • 制服4
  • 面接2
総合評価
私の通っていた当時、菊里高校は、名古屋屈指の進学校でした。文武両道という言葉がぴったりの学校です。生徒たちは勉強だけでなく部活動や文化祭も一生懸命頑張ります。とりわけ文化祭である菊里祭は大いに盛り上がります。3年生は高校最後の文化祭ということで、どのクラスも受験と同じくらい真剣に準備に取り組み、クラスの一体感を感じることができました。菊里祭での一致団結があったからこそ、辛い受験勉強を皆で乗り切ることができました。
先生について
基本自由な校風なので放任です。しかし、学びたい意欲のある学生にはとことん向き合ってくれる先生が多いです。数学が苦手だったのですが、数学科研究室に何度も通い、多くの先生にお世話になりました。また、受験科目に英作文があったのですが、先生にお願いして個別に添削してもらっていました。おかげで塾に通うことなく第一志望に合格することができました。
校則について
校則はかなり緩いです。体育科の先生でスカートの長さを注意する先生がちらほらいましたが、自由な校風でした。それでも真面目な生徒が多いため、風紀が乱れるということはありませんでした。アルバイトは原則禁止でしたが、家庭の事情でやむを得ない場合は許されていました。
部活動について
入学当初は全員部活動に入るというルールでしたが、その後帰宅部になる生徒もいたように思います。琴曲部や合唱部など文化系が強く、全国大会への出場経験もあります。運動部は正直あまり強くなく、どちらかというと和気あいあいとスポーツを楽しむという感じでした。
制服について
女子の制服は昔ながらのセーラー服です。スカートに白の一本線が入っており、始めは地味だと思いましたが、着ているうちに愛着がわきかわいいなあと思うようになりました。冬服は白襟に紺のセーラーにプリーツスカート、夏服は真っ白のセーラーにプリーツスカートです。リボンは細い黒で地味でした。男子は学らんです。
面接について
面接は集団面接でした。時間は10分くらいだったと思います。志望動機や部活動について等、基本的な質問が多かったです。和気あいあいとした雰囲気でした。
投稿時期:2018年6月
  • 1
ご利用の際にお読みください

学校の情報や偏差値など掲載している全ての情報に関して、確認は行なっておりますが、当社はいかなる保障もいたしかねます。出願等の際には、必ず各校の公式HPをご確認ください。「利用規約」を必ずご確認ください。

偏差値が近い高校

注目の特集

特徴から探す

学力から探す