広島県広島市中区/公立

広島市立舟入高等学校 口コミ

偏差値:61~65
口コミ:4.004.00 1件

口コミ

口コミ総合: 4.004.00 1件
1件 (1~1件)
アイコン
44
  • 卒業生
  • 20代前半
  • 女性

”高校生活”を満喫できる学校

  • 先生5
  • 校則3
  • 部活動5
  • 制服4
  • 面接3
総合評価
勉強・部活のどちらも精一杯楽しむことができる環境を提供してくれる学校です。 学園祭や体育祭などの学校行事も全校あげて楽しむ雰囲気で、体育会系の学生も文化系の学生も、全校生徒が行事を楽しんでいました。 また、国際交流を積極的に行っており、普通科の生徒も学校主催の短期語学研修へ参加が可能です。
先生について
大学受験をする生徒がほぼ100%で、ほとんどの生徒が国公立大学への進学を希望しているため、学校の教育カリキュラム・先生方の指導も国公立大学進学に向けた指導となっています。
休憩時間や放課後に質問に行くと、ほぼすべての先生が快く教えてくださります。
校則について
月に一度の全校集会の際に、身だしなみ点検を実施。爪や頭髪、メイク・スカート丈(女子)やベルトの色(男子)を細かくチェックしていました。チェックに引っかかっても罰則などはありませんが、項目数は多かったです。
また、靴下は男女ともに白色しか認められておりません。
冬は学校指定のコート以外のアウターを着用出来ず、女子はタイツNGです。
部活動について
体育会系・文化系問わずどの部活も盛んにおこなわれておりました。
体育会系では水泳部、文化系では放送部と演劇部が県大会、全国大会に出場する強豪でした。
部活への加入は強制ではないため、部活に入らない生徒も一定数居ました。
制服について
ブレザータイプの制服で、男女ともにネクタイを着用します。
ネクタイは赤・黄色の2種類あり、自分の好みで選択可能。学校指定のセーターも紺色・白色の2種類から自由に選択できます。
靴下は男女問わず白色のみしか認められておりませんが、靴は自由なため、おしゃれなスニーカーやショートブーツなどをはいている人もいました。
面接について
推薦入試の面接では、志望理由と入学してからやりたいこと、将来就きたい職業について聞かれました。
投稿時期:2020年8月
  • 1
ご利用の際にお読みください

学校の情報や偏差値など掲載している全ての情報に関して、確認は行なっておりますが、当社はいかなる保障もいたしかねます。出願等の際には、必ず各校の公式HPをご確認ください。「利用規約」を必ずご確認ください。

偏差値が近い高校

注目の特集

特徴から探す

学力から探す