鹿児島県鹿児島市/私立

ラ・サール高等学校 口コミ

偏差値:76
口コミ:5.005.00 1件

口コミ

口コミ総合: 5.005.00 1件
1件 (1~1件)
アイコン
55
  • 卒業生
  • 30代後半
  • 男性

良くも悪くも自分次第。ただ、最高に楽しい

  • 先生5
  • 校則2
  • 部活動4
  • 制服4
  • 面接1
総合評価
ラ・サール高校は、全国的に名の知れた中高一貫の進学校。全国から生徒が集まり、県外出身者は寮生活をしながら3年間を過ごします。大学進学率はほぼ100%で進路は旧帝大、国公立医学部が多数を占めます。進学校は勉強に厳しいイメージがありますが、高校生は寮生でも自習時間というものはなく、塾に行く人も少ないです。
先生について
ラ・サール高校を卒業して20年弱経ちますが、本校の先生は教育熱心です。また、先生の中にも卒業生の割合が比較的多いようで母校を愛する人、伝統を重んじる方も多い印象でした。教育熱心な方も多く、授業はわかりやすいです。レベルが高いので、しっかりついていけば、授業だけでそれなりの大学には合格できます。長く在籍している先生が多いので、社会人になって10年以上離れた卒業生同士でも同じ先生の話題で盛り上がることがあります。
校則について
基本的には他の高校と変わらないと思います。男子だけなので、身だしなみ等も最低限のことを守っていれば特に注意されることはありません。校則を破ると自宅謹慎等の処分が下されますが、県外出身者も地元から両親が迎えにきて連れて帰るので、処分された方はそれなりにダメージが大きいです。
部活動について
ラ・サール高校は、勉強ばかりのイメージですが、運動部が盛んです。テスト前でも試合が近い時は特別に許可をいただいてにグラウンドで練習したりしたこともあります。在校時は体操部や将棋部等、強豪となっている部活もありました。クイズ研究会は世代によりますが全国区になっています。
制服について
ラ・サール高校の制服は詰襟です。入学前に一人一人が地元で準備します。2種類の指定のメーカーがあり、両親と制服屋に行って採寸した記憶があります。入学後にサイズが小さくなったら、購買部で注文できたと思います。学ランは男子校っぽくて良かったです。
面接について
入学時に面接はありません。進路指導もほとんど記憶にないです。ただ、相談があれば個別で真摯に対応してくれるようです。
投稿時期:2021年2月
  • 1
ご利用の際にお読みください

学校の情報や偏差値など掲載している全ての情報に関して、確認は行なっておりますが、当社はいかなる保障もいたしかねます。出願等の際には、必ず各校の公式HPをご確認ください。「利用規約」を必ずご確認ください。

偏差値が近い高校

注目の特集

特徴から探す

学力から探す