京都府京都市西京区/私立

京都成章高等学校 口コミ

偏差値:47~66
口コミ:4.004.00 1件

口コミ

口コミ総合: 4.004.00 1件
1件 (1~1件)
アイコン
44
  • 卒業生
  • 30代後半
  • 男性

新興の進学校

  • 先生3
  • 校則5
  • 部活動4
  • 制服2
  • 面接4
総合評価
進学クラスと一般クラスがあり、進学クラスは難関国公立大学を目指し、一般クラスは文武両道の校是のもと部活でも全国大会に出場することを目指しながら、関西の有名私立に合格させることを目指しています。勉強は早朝テストから始まり7時間目まであり、その後早朝テストの成績が悪ければ最終バスの時間まで永遠と追試があります。そのため、自分では大学合格までの勉強方法を決められないという学生には、高校が手取り足取り導いてくれるのでお勧めです。
先生について
みんなかなり熱心です。先生全員が大学への進学率を上げる方向に一丸となって取り組んでいるため、難関大学に合格したい学生にはぴったりの先生達です。ただし、日々の予習復習及び宿題を大量に先生達は出すため、それについていける学生には難関大学合格に向けて良い環境にあるといえます。
校則について
校則についてはものすごく厳しいです。髪の毛は耳にかかっていれば切ってくるように指導されますし、ワックスやムースで髪をデザインするのも厳禁で見つかれば髪をその場で洗われてしまいます。もちろんピアスなどはもってのほかで、バイトも厳禁です。
部活動について
野球部は甲子園出場が春夏合わせて5回ほどありうち1回は準優勝をするほどの強豪です。また、ラグビー部はほぼ毎年花園に出場しAシードに位置づけられるほどの強豪です。ただ、部活入部率は全体の3割ほどでそれ以外は勉強に忙しく部活に入っている余裕はありません。また、進学クラスの中でもトップの特進クラスに入ると部活を辞めさせられます。
制服について
紺の学ランに制帽が義務付けられており、学ランも必ず第一ボタンまで締めなければなりませんでした。またバックも紺の20キロまで教科書の入る大きなカバンでした。夏は水色のカッターシャツに学ランの下のズボン、冬は学ランの下に学校指定の紺のセーターの着用のみ認められていました。
面接について
面接は受験生5人に対して面接官3人で行われ、時間は20分ほどでした。志望動機、行きたい大学とその理由、現在読んでいる本と感想を右端から順番にきかれました。最後の質問にこな高校を落ちたらどうするかを聞かれました。
投稿時期:2018年2月
  • 1
ご利用の際にお読みください

学校の情報や偏差値など掲載している全ての情報に関して、確認は行なっておりますが、当社はいかなる保障もいたしかねます。出願等の際には、必ず各校の公式HPをご確認ください。「利用規約」を必ずご確認ください。

偏差値が近い高校

注目の特集

特徴から探す

学力から探す