千葉県八千代市/公立

八千代高等学校 口コミ

偏差値:48~68
口コミ:4.004.00 1件

口コミ

口コミ総合: 4.004.00 1件
1件 (1~1件)
アイコン
44
  • 卒業生
  • 40代後半
  • 男性

自由に工夫し、何にでも挑戦できる学校

  • 先生2
  • 校則2
  • 部活動4
  • 制服3
  • 面接1
総合評価
八千代高校の総合評価はA。学校生活は本当に楽しかったです。設備AB、教師のレベルC、生徒のレベルA、進学率C、多様性A、通学しやすさ特A、いじめ校則の厳しさ-皆無。まず、駅から徒歩5分の超交通至便な距離が抜きん出て無駄な時間を省いてくれます。学科に関しても普通科、家政科、体育科の三学科が県立高校ながら設置されており、特に部活動へ入ると彼ら多彩な人間と知り合えるチャンス。普通科は地域一番の進学校の位置づけで近所の評判は良いです。正直、初期段階の偏差値の割には、入学後の進学指導が昔から弱くて大学進学に関してはほぼ個人能力任せで不安はあるかもしれません。どこまで自分を律するかが問われるところでしょう。推薦も質量ともほとんど期待できない為、国立への進学率は特に低く半分以上は可能性を求めて浪人します。早慶レベルは数名、良くてMARCHや日東駒専あたりが大多数です。また体育科があり、特にサッカー部が全国レベルで有名です。
先生について
八千代高校の先生方は基本、自由放任主義の方が多いです。普通科はほぼ進学率100%なため、僕らの頃は三年生の進級時に私立文系、国立文系、私立理系、国立理系の分かれて、それぞれカリキュラムをこなしながら夏から受験モードに入っていくパターンが多かったです。でも三年時からでは圧倒的に受験対策や学習時間が足りず、結果浪人が半数近くに上ります。近くには入学時同レベルの佐倉高校や船橋東高校がありますが、現役合格を目指すならそちらに行ったほうが環境的に優れているみたいで、合格率が圧倒的に高いので八千代高校はおすすめできません。八千代高校は教師から積極的に生徒の尻を叩いて指導する方針ではないため、希望の大学ややりたいことの進路が決まっているならば、生徒自らが入学したときから大学進学を見据えて塾を使うなり計画的に学習習慣をつける、強い意思が必要だと思います。注意して八千代高校を受験してください。基本先生教師陣は何もしてはくれません。信じるのは自分の力です。
校則について
八千代高校の校則はまったく緩いです。あまり目立つ化粧や茶髪などは生活指導で注意されますが基本自由です。携帯は今はどうかわからないですが、多分OKだったかな。でも通学区域でイヤホン禁止という、やや厳しい謎の校則が存在するよいです。お気おつけください。
部活動について
八千代高校はなんと言ってもサッカー部の圧倒的強さと、学内における圧倒的優遇でしょう。一学年で三十人以上はサッカー部で、インターハイ優勝や、高校選手権大会でも厳しい千葉県予選を勝ち抜いて全国ベスト4も経験した高い実績があります。あとは女子柔道が近年は強いようです。グラウンドが広く体育館も充実しており、体育科も設置されているので運動で身を立てたいと考えている人には申し分ない環境や指導者が揃っています。その他、文化部運動部にかなりの生徒が所属しており、みな興味関心も範囲を大きく広げています。ぜひ少しでも気になる部活があるなら、迷わず入部をおすすめします。
制服について
個人の感想になってしまうため、何とも言い難いです。八千代高校の制服は、男子は学ラン、女子はブレザーと昔から変わらないデザインのオーソドックスな感じです。女子はちょっと野暮ったいかも。でも上手におしゃれに着こなして皆それぞれ楽しんでいますよ。あ、生活指導にひっかっからない程度ですが。
面接について
自分たちの時代には、入試科目に面接がなかったです。内申書と入学試験一発勝負です。人それぞれによりますが、模試や通っていた塾からは420/500くらい自己採点で取れればまず合格すると言われていあMした。今は400/500くらいでも十分合格ラインみたいです。
投稿時期:2021年2月
  • 1
ご利用の際にお読みください

学校の情報や偏差値など掲載している全ての情報に関して、確認は行なっておりますが、当社はいかなる保障もいたしかねます。出願等の際には、必ず各校の公式HPをご確認ください。「利用規約」を必ずご確認ください。

偏差値が近い高校

注目の特集

特徴から探す

学力から探す