兵庫県神戸市須磨区/私立

滝川高等学校 口コミ

偏差値:56~67
口コミ:4.204.20 5件

口コミ

口コミ総合: 4.204.20 5件
5件 (1~5件)
アイコン
55
  • 保護者
  • 40代後半
  • 女性

様々なことにチャレンジできる環境

  • 先生4
  • 校則1
  • 部活動4
  • 制服2
  • 面接2
総合評価
自由な校風の元、自分の興味ある分野に没頭し、様々なことにチャレンジできる環境です。先生との距離も近く、生徒の個性を大事にしてくれます。校内塾が導入されたり、留学制度も充実しています。
先生について
滝川高校の先生は生徒一人一人の個性を大切にし、それぞれに合った進路指導をしてくださります。放課後の補習など、勉強のフォローもしっかりしてくださります。
校則について
厳しいと思ったことはありません。
部活動について
グランドが狭いので各部が時間や曜日を上手く調節して活動しています。外部の施設も利用している部があります。
制服について
学ランなので、そろそろブレザーにした方がいいのではないかと思っています。
投稿時期:2020年11月
アイコン
33
  • 卒業生
  • 30代後半
  • 男性

伝統ある、少し古い男子校

  • 先生2
  • 校則2
  • 部活動2
  • 制服3
  • 面接1
総合評価
現在では数少ない伝統のある男子校です。学習環境は整っています。逆に勉強をして大学に行かないのなら、あまり魅力はありません。「高校生ライフをエンジョイする。」というよりも、「自分で勉強に集中する。」という学校です。駅からも近く、とても通いやすいです。
先生について
正直当時は、そこまでの熱心さを感じませんでした。年配の教師が多く、教え方が昔から変わっていないのではないかと感じました。ただ、私立のため、赤点即留年となるので、成績や順位に厳しい先生が多かったです。特に良い印象はありません。
校則について
高速はほかの高校と比べ、そこまで厳しいというものではありませんでした。ただし、即停学及び退学というパターンも少なからずありました。私立高校ですからしょうがありません。私は、高2の時に年間授業日の半数以上遅刻しましたが、学力的に問題がなかったため、大目に見てもらえていました。当時は、良くも悪くも実力主義の側面がありました。
部活動について
当時はアーチェリー部とソフトボール部(男子校ですが)が強かったです。また、野球部もその当時から指導は厳しかったようです。ただ、同じ市内に姉妹校の滝川第二高校があり、そちらがスポーツに力を入れていたため、あまり部活に力を入れている様子ではありませんでした。現在、卓球部は県内トップレベルです。滝川第二高校で卓球部を指導していた先生が、赴任してきたそうで、それから強くなっていきました。
制服について
制服はいわゆる「学ラン」です。中は基本、白いシャツですが、多少自由がありました。夏は半そでシャツで襟に交渉のプリントがされていました。今は違いますが、当時はジャージの色が学年で違ったのですが、私の学年は蛍光のオレンジ色でした。
面接について
入試での面接試験はありませんでした。英語・数学・国語の筆記試験のみでした。
投稿時期:2020年11月
アイコン
44
  • その他
  • 10代後半
  • 男性

優秀な男子校

  • 先生4
  • 校則1
  • 部活動4
  • 制服4
  • 面接4
総合評価
滝川は神戸市にある私立男子進学校です。高校受験の時は長田兵庫のトップ、星陵北須磨夢野台などの2番手校の子たちがよく併願で受験します。入学者は優秀な人ばかりです。偏差値67〜62 進学実績も良く、毎年京大や神大、一橋大、国公立医学科を初め、多くの難関国立や国公立に合格しています。京大や一橋に行く生徒の中には東大レベル宣治学力の子もいるようです。 男子校ですが十分青春できますよ。
先生について
先生も良い人ばかりです。しっかりと面倒見てくれます。理系の科目強い先生多いです。
校則について
むちゃくちゃ緩いです。髪染めやいじめ以外はゆるいです。とても自由な学校です。過ごしやすい。
部活動について
水泳部や野球部が強いですね。中には水球部といった、珍しい部活もあります。種類はとても多いです。
制服について
普通の学ランです。
投稿時期:2020年6月
アイコン
44
  • 卒業生
  • 30代後半
  • 男性

ほったらかし

  • 先生4
  • 校則2
  • 部活動3
  • 制服5
  • 面接1
総合評価
「一応進学校」と本校の先生はいいますが、いわゆるボンボン学校ですので、ほとんどの人は大学に進学します。一時、陰湿なネットいじめで自殺者がでましたが、それでも地元では人気のある歴史ある中高一貫男子校です(私は高校から入りました)。
先生について
生徒と先生の距離が近くほったらかしの割には熱意のある先生もおり、私立の大学に進学するのであればおすすめします。ただ、国立の大学に進学するのであれば必ず高1から塾に通う必要があり、また、モチベーションを保つのも大変です。浪人覚悟なら問題ないです。
校則について
アルバイトは禁止となっていますが、人によっては小遣いが少ないといった理由でアルバイトをする人もいました。
バイクも禁止ですが、確かにバイク通学する人はいないものの乗っている人はいました。
部活動について
野球部が比較的強いのですが、滝川高校はスポーツに特化した滝川第二高校と分離しているためそれほど強くはありません。
ただし、大学進学と勉強をある程度する学生の中での野球活動としては盛んな方です。
制服について
学ランが制服となっています。
学ランの中は何を着て行っても自由ですし、靴やカバンも自由ですので、とても楽ちんです。
よく私服可の学校は逆に大変とききますが、滝川高校は最も服が楽ちんな高校といえます
投稿時期:2018年2月
アイコン
55
  • 卒業生
  • 20代前半
  • 男性

男臭いエリート高校

  • 先生5
  • 校則1
  • 部活動5
  • 制服5
  • 面接3
総合評価
滝川高校は兵庫県の中でも屈指の指定校推薦が多いです。先生に評価してもらえれば早慶やマーチの大学に入ることができます。男子高校ですが、青春を感じたい人にはお勧めです。
先生について
先生は優秀な先生が多いです。生徒に合わせた勉強法を教えてくれる先生が多く、放課後も勉強に付き合ってくれます。部活にも応援してくれる先生が多いです。
校則について
校則はすごく緩いと思います。靴もカバンも指定がありません。髪の毛を染めるのが禁止くらいです。なので校則で怒られる子はほとんどいなかったと思います。
部活動について
野球部と卓球部が非常に強いです。ソフトボール部も全国に出場していたり、陸上部も全国レベルの子がたくさんいます。文武両道の生徒が多いです。
制服について
制服は学ランです。夏はポロシャツなので非常にラフな格好で通学できます。冬は長そでのポロシャツに学ランを着るので全く寒くないです。
面接について
面接はありません。筆記試験だけです。テストは三教科(国語、数学、英語)でそこまで難しくない難易度でした。
投稿時期:2018年2月
  • 1
ご利用の際にお読みください

学校の情報や偏差値など掲載している全ての情報に関して、確認は行なっておりますが、当社はいかなる保障もいたしかねます。出願等の際には、必ず各校の公式HPをご確認ください。「利用規約」を必ずご確認ください。

偏差値が近い高校

注目の特集

特徴から探す

学力から探す