京都府京都市伏見区/私立

京都聖母学院高等学校 口コミ

偏差値:55~63
口コミ:3.003.00 1件

口コミ

口コミ総合: 3.003.00 1件
1件 (1~1件)
アイコン
33
  • 保護者
  • 40代前半
  • 女性

古き良き時代を今に残したお嬢さん学校

  • 先生4
  • 校則5
  • 部活動5
  • 制服3
  • 面接3
総合評価
女の子が通う女子高として、最近の時代には合ってないかもしれませんが、保護者としては安心して通わせられました。本人は、色々とアルバイトや髪染めなど、他校の高校生がうらやましかったみたいですが、3年間我慢しました。女の子なので、あまり勉強勉強というつもりはなかったので、娘は1類で、豊富な推薦制度を利用して、大学へ進学しました。
先生について
友人関係の悩みも打ち明けたりできるような関係をを築いてくださったようです。定期テスト前には、学校開放をして、夜遅くまで勉強に集中できる環境を作ってくださいました。細かな変化にもよく気づいて、娘たちは嫌がっていたこともありましたが、親としては、安心して通わせられました。
校則について
かなり厳しいのではないかと思います。肩に届く髪は結ぶ、その際は、黒か紺のゴムで、など細かい校則がありました。ピアスは、穴をあけるのも禁止でした。アルバイトは、冬休みの郵便局のみでした。携帯電話は、許可制で、学校へつくと、先生にあずけていたようです。
部活動について
女子高ですので、あまり体育系は強くはなかったようですが、文科系では、コーラス部が全国大会に出場したりしていたみたいです。女子高なのに、サッカー部もあり、頑張って活動している子たちもいました。特進コースの子もバスケ部に入るなど、入部率はそれなりに高かったように思います。
制服について
カトリックらしい、ジャンバースカートの制服でした。高校生にもなってあの制服は少し恥ずかしいように思いますが、卒業後、制服が変わり、ジャンバースカートは変わらないのですが、その上に、ジャケットを羽織るようになりました。首元にリボンもつけるようになりました。夏は、白いブラウスに、紺のスカートか、タータンチェックのスカートだったのですが、紺のスカートの子が多かったです。
面接について
中学からの進学なので、面接はありませんでした。中学受験の際は、親子面接がありました。一番最初に相談するのはだれかと聞かれたように記憶しています。
投稿時期:2018年2月
  • 1
ご利用の際にお読みください

学校の情報や偏差値など掲載している全ての情報に関して、確認は行なっておりますが、当社はいかなる保障もいたしかねます。出願等の際には、必ず各校の公式HPをご確認ください。「利用規約」を必ずご確認ください。

偏差値が近い高校

注目の特集

特徴から探す

学力から探す