白山高校の偏差値や倍率をわかりやすく紹介

目次

白山高校について 

 

白山高校は、横浜市にある男女共学の県立高校です。


そして全日制普通科となっています。


学校へのアクセスですが、最寄駅はJR 鴨居駅・中山駅よりバス白山高校正門前1分とアクセスが良い立地です。

 

白山高校の偏差値

 

 白山高校(美術)の偏差値はズバリ偏差値44

 

白山高校と同じような偏差値のレベルだと、川崎市立幸高校(普通)市立川崎高校(福祉)新羽高校二宮高校小田原城北工業高校小田原東高校(総合ビジネス)城山高校相原高校(総合ビジネス)厚木北高校(スポーツ科学)が県立の中で似た偏差値の学校となります。

 

関連記事:


白山高校と近い偏差値の学校はこちら

 

川崎市立幸高校の受験情報

市立川崎高校(福祉)【偏差値44】の受験情報

新羽高校【偏差値44】の受験情報

二宮高校【偏差値42】の受験情報

小田原城北工業高校【偏差値40】の受験情報

小田原東高校【偏差値40】の受験情報

城山高校【偏差値44】の受験情報

相原高校(総合ビジネス)【偏差値43】の受験情報

厚木北高校【偏差値42】の受験情報

 

【偏差値順】 横浜北地区の公立高校一覧


川和高校

神奈川総合高校(個性化)

神奈川総合高校(国際文化)

市ケ尾高校

港北高校

鶴見高校

元石川高校

岸根高校

荏田高校

城郷高校

霧が丘高校

新栄高校

親羽高校

白山高校

鶴見総合高校(総合)

田奈高校


白山高校の倍率

 

白山高校の倍率ってどうよ?

 

白山高校の倍率は、例年平均1.2倍前後となっています。


偏差値が高い学校でよく見られる倍率となります。


 【一次】19年度の倍率

 

 男子の倍率 女子の倍率 1.07

 

 【一次】18年度の倍率

 

 男子の倍率 女子の倍率 1.23

 

【一次】17年度の倍率

 

 男子の倍率 女子の倍率 1.17

 

2017年に美術コースを美術科に改編しました。


それもあってか2017年に倍率が急激に上がり、2018年もさらに倍率が上がりました。


そのため、今後も引き続き注意が必要です。


白山高校の制服

 

白山高校の制服ですが、女子の制服は、紺色のブレザーに、チェックのスカートとなり、スラックスを選択することもできます。


男子の制服は紺色のブレザーにズボンとなり、ズボンは2種類から選択することが可能です。


個人的に制服は非常にシンプルで高校生らしい印象を受けます。

 

白山高校の部活

 

白山高校の部活は運動部も文化部も非常に活気があり、盛んで、部活に力を入れる学生が多いです。


そのため、部活と勉強の両立が大変かもしれませんが、周りの学生が皆同じ状況なので、逆に切磋琢磨、仲間と一緒に頑張れるのかもしれません。


野球部、書道部、美術部が強いと言われています。

 

白山高校の進路

 

白山高校の進路で多いのは、専門学校、次に四年制大学、就職、進学準備、短大となります。


専門学校を目指す学生が多いです。


四年制大学では、美術科があるということもあってか、過去には東京藝術大のような芸術系の大学への進学者がいます。

 

白山高校出身の有名人

 

白山高校出身の【芸能人】

阿部寛 俳優

武田梨奈 タレント


白山高校出身の【政治家】

ふくだ峰之 衆議院議員


白山高校出身の【アナウンサー】

富樫吉樹 元アナウンサー


 

白山高校の文化祭・体育祭

 

白山高校では、年に1度、10月に文化祭を行います。


文化祭は一般公開されているので、毎年多くの学校関係者や受験生が文化祭に訪れます。


白山高校を受験しようと考えている人は、是非この機会に文化祭に参加し、学校の雰囲気を見に行くことをお勧めします。


体育祭として、クラス対抗スポーツ大会が6月に行われています。

 

白山高校の学校見学・説明会

 

白山高校の学校見学・説明会の日程ですが、7月・10月・11月の説明会、8月の授業・部活動体験、10月に文化祭があります。


県立高校の説明会は回数が少ないため、しっかりと説明会や学校見学の日程を確認してください。


また偏差値が高い学校は、例年倍率も上がるため、満席になる前にしっかり予約が必要な場合は予約を入れるようにしましょう。


注目の特集

特徴から探す

学力から探す